トイレのつまりの症状は?

水は流れるんだけど、便器への流れが悪い・・・

用を足し終わった後に水を流すと確かにタンクから水は流れるけど、便器への水の流れが悪いという経験はありませんか。完全にトイレットペーパーなどが流れず、次使用する人に不快な気持ちを与えたくないですよね。水の流れが悪いのはトイレの一部が詰まっていることで起こる症状です。便器や排水路の一部になんらかの異物があり、水の進行を妨げていると考えられます。強い水流で何度か流すと流れたり、完全に流れないわけではないので使用を続けてしまいがちですが、そのうち元々の異物にひっかかり、全く流れず詰まってしまう恐れもありますので注意が必要です。少しでも流れが悪いと感じたら、使用を継続する前に、詰まりを解消する対策を取った方が良いですね。

水を流しても水位が上がって流れない!!

水を流した時に通常ならトイレットペーパーや排泄物が水流とともに流れていきますが、流れずに水位が上昇してしまったことはありませんか。これは完全に排水溝が詰まってしまった時に起こる症状です。その後の水位を見ても、水位が下がらない場合は水をさらに流してはいけません。水位がさらに上昇し便器から溢れてしまいます。つまりの原因がトイレットペーパーの使いすぎによるものなどはっきりしていればラバーカップの使用が有効的です。勢いよく使用すると水が跳ねてしまいますので注意してくださいね。しかしつまりの原因がはっきりとわからない場合はむやみにラバーカップを使用するのはやめて、専門業者に依頼する方が良いでしょう。トイレの詰まりは切実なトラブルです。すぐに連絡できるように専門業者の連絡先は常に控えておくことをお勧めします。