トイレのつまりを自分で直そう!

トイレがつまったら!?身近なもので対処する方法

トイレットペーパーや便などの排泄物を大量に流したり、おもちゃなどの固形物を誤って流したりすると、トイレがつまってしまいます。トイレットペーパーのように水に溶けやすいものがつまった場合は、身近なものでつまりを解消できる場合があります。ペットボトルやバケツを使って、高めの位置から排水口に向けて水を流し込んでみましょう。水と同時に空気を排水口に入れるようにして少しずつ流し込みます。予め水位を低くしておき、溢れないよう量に気をつけながら行ってください。水に溶けやすいものなら30分から1時間ほど放置して、溶けるのを待つのも一つの方法です。寒い季節など水温が低い場合は、熱すぎないお湯を少し流してみて様子を見るのもいいでしょう。水の温度が上がって、トイレットペーパーなどは溶けやすくなります。

ラバーカップを使用する

ペットボトルの底を切って、ラバーカップのようなものを自分で作る方法もあります。カットしたペットボトルの底を、ふたを抑えながら排水口に入れ、前後に動かします。できるだけ真空状態になるよう空気圧を調整すると、吸引力が上がります。それでもつまりが解消しないなら、100円ショップなどに売っている本物のラバーカップを使用すれば、大抵の場合うまくいきます。便器の排水口の部分に、ラバーカップを密着させ、はじめはゆっくりと押し、次に勢いよく引きます。これを排水が流れていくまで繰り返します。水に溶けやすいものなら何度か繰り返すうちにつまりが解消します。ラバーカップを使ってもつまりが解消しない場合や、トイレットペーパー以外の固形物がつまっている場合には、専門の業者を呼んだほうが無難です。