トイレがつまらないために心がけること

一度に大量は危険です!

まずはトイレの詰まりがどうして起こってしまうのか、原因をあげてみましょう。
最も多いのが、大量のトイレットペーパーを流してしまうことです。一度に大量のペーパーを流すと、水に溶けきれず、便器内部の曲がりくねったパイプの奥で詰まってしまいます。もしつまってしまった時は慌てずに水に溶けるのを待つのも一つの方法です。他にも特に気を付けておきたいのがお掃除の際によく用いられる流せるお掃除シートです。通常トイレペーパーよりも厚手で丈夫な作りになっているので、水に溶けるのに時間がかかってしまいます。
もともと流せると言われているものでも、大量になってしまいそうなときは、こまめに流すように常に心がけておきましょう。

異物混入は時間も費用もかかるかも!

次に多いのが異物を流してしまうことで起きるつまりです。
うっかりペンを落としてしまった、子どもがおもちゃを流してしまったといったトラブルは少なくありません。他にも、タンク上にビー玉など細かなものを飾っていると、何かの拍子で便器まで流れ込んでしまいつまりの原因になることもあります。異物が混入してつまってしまった場合、自分で除去することは大変困難です。また、業者に依頼すると便器を取り外して除去するという、大掛かりな作業になる可能性が高く、時間だけでなく費用面でも負担が大きくなってしまいます。
普段から「トイレには何も持ち込まない」をルールとしておくと良いかもしれません。飾りも出来るだけシンプルにしておくことをお勧めします。