トイレの構造を知ろう

トイレのつまる原因って?

トイレのつまる原因として、まず思いつくのは排せつ物が流れない、ということかもしれません。しかし実はそれよりも、他の物が流れずにつまってしまった、ということの方が多いのです。例えばトイレットペーパー。ペーパーが流れないなんてあるの?と意外に思う方もいるかもしれません。一方で、「トイレを覚えたての我が子が、大量に使ってつまらせちゃった」という経験のある方もいるのでは?確かにトイレットペーパーはトイレに流せるものですが、その量によってはつまってしまいます。また、溶けにくい、粗雑な質のものの場合は、大量でなくてもつまってしまうことも。 また、ペーパーや排せつ物が流れない原因として「流す水の量が少ない」という場合もあります。節水のために流水の量を減らすアイデアが色々と知られていますね。しかし、十分な水量を使用しないとトイレがつまり、結局業者を頼むことになって節約としては逆効果、なんてこともあります。

つまる秘密はトイレの構造にあり

では何故、水量が少ないと流れなくなったり、また本来なら水に溶けるはずのペーパーが大量になるとつまってしまったりするのでしょうか。その秘密はトイレの構造にあります。トイレの排出口は、そのまま下の方に流れていった先にあるとなんとなく思っている人も多いのではないでしょうか。実はそうではありません。排水路は、一旦水のたまっている部分からカーブを描いて上へとあがっていきます。その坂を上り切ったあと、下へと落ちていく仕組みになっています。つまり、水の量が少ないと、勢いが足りずに、この坂をあがりきれないという結果になるのです。また、トイレットペーパーを大量に流そうとした場合も同様で、溶けきることもできず、また、水の力で押し流しきられることもなく、途中でつまってしまうのです。