プロに頼むのもあり

こんなときはプロに任せよう、頼む時の基準

トイレのつまりは「水が流れにくい」など予兆があるものから「突然流れなくなった」という急なものまで、原因が様々です。つまりの原因がトイレットペーパーなど水に溶けて流れてくれるものなら、水をバケツで流すなど簡単な方法で取り除けます。ですが「時間が経っても水面の高さが全く変わらない」「つまった原因が分からない」「プラスチックなど水に溶けないものが詰まってしまった」という場合には、トイレのつまりを解消するプロにお任せした方が良いと言えます。何故なら、水に溶けないものだと時間が経っても解決する見込みがなく、無理に自分でつまりを解消しようとすると、便器を傷つけてしまったり、余計につまったものを押し込んでしまったり、状況を悪化させることがあるためです。

プロにお願いするときの選び方

トイレがつまったとなると、すぐにでも対処してもらいたいですよね。プロに依頼するときのポイントとして、まず地域の水道局から認定を受けているかどうかチェックしましょう。指定を受けているプロの業者は、水道局から管理を受けているので責任を持って対処してくれるほか、アフターフォローも充実していることが多いのです。複数の業者が候補に挙がった場合は、時間に余裕があればそれぞれの業者に見積もりを依頼しましょう。どんな工事をして、どれくらいお金がかかるのかなど、説明がしっかりしているところがベストです。アフターフォローが万全ではないところを選ぶと、万が一業者が対応した後ですぐに詰まった場合でも、追加でお金を払うことになる可能性があります。慌ててしまいがちなトイレのつまりですが、まずは落ち着いて対処していきましょう。